15歳のコーヒー屋さん 発達障害のぼくができることから ぼくにしかできないことへ

発達障害がある人も、ない人も、興味深く読める自叙伝

岩野さんには「アスペルガー症候群」という発達障害があります。中学1年生で不登校になり、15歳でコーヒー焙煎士としてお店をオープンしました。

この本は、岩野さんの幼少期から、お店をオープンした15歳までの自叙伝です。ご本人の語りを中心に、お父さんやお母さんのコラムもあります。

おすすめポイント

行間が広くて読みやすい。また、淡々とした語り口なので、重くなりすぎず気軽に読み進められる。

→普段あまり本を読まない小4次男が、すごいスピードで読破。
「いろんな人生があるんだな〜」と感慨深い様子でした。

・同じできごとが、ご本人・お母さん・お父さんと違う目線で語られていて、岩野さんの生き方を多角的に捉えることができる。

・発達障害で苦労していたこと、学校に行けなくなったこと、15歳の若さで自分のお店を持つこと、これらを公表すること。
たくさんの葛藤があったと思いますが、
学校だけがすべてじゃない。自分のできることを活かして生きていこうという岩野さんとご家族の姿に、読者も前向きな気持ちになれる。

あわせて読んでみて!

発達障害の僕が 輝ける場所を みつけられた理由』栗原 類 (著)

8歳で発達障害(ADD)と診断された栗原類さんの自叙伝です。
アメリカでの生活が合っていたこと、親子で世界の国々へ旅行し感性が磨かれたこと、“されて嫌なことを人にはしない”という生き方などが印象に残りました。栗原さんのお母さんと主治医の先生のインタビューも参考になります。

■購入はこちら Amazon | 楽天

『たんけん!本のまち』の公式Twitterやnoteをぜひフォローしてください!更新情報をお届けします。