読みもの・辞典
チャーリー・ブラウンなぜなんだい? ともだちがおもい病気になったとき

重いテーマをスヌーピーのユーモアとかわいさで伝えてくれる チャーリー・ブラウンたちのクラスメート、ジャニスが白血病という血液のがんで入院するお話です。身近な子どもが重い病気になったときの、その友だちやきょうだいの言動、親 […]

続きを読む
読みもの・辞典
15歳のコーヒー屋さん 発達障害のぼくができることから ぼくにしかできないことへ

発達障害がある人も、ない人も、興味深く読める自叙伝 岩野さんには「アスペルガー症候群」という発達障害があります。中学1年生で不登校になり、15歳でコーヒー焙煎士としてお店をオープンしました。 この本は、岩野さんの幼少期か […]

続きを読む
読みもの・辞典
二月の勝者 ー絶対合格の教室ー

親子でハマるエンタメまんがだが、受験や子どもの貧困問題について考えさせられる このガイドを書いているちょうど今(2021年12月)、柳楽優弥さん主演のテレビドラマ版『二月の勝者』が最終回直前クライマックスを迎えています。 […]

続きを読む
読みもの・辞典
みみかきめいじん

読み聞かせが苦手な私のお気に入り絵本 絵本の読み聞かせが苦手なママさんはいませんか?? 同じ絵本を持ってこられる度に「それ、何度目・・・」と白目をむいてしまいそうになるお母さんはいませんか? そう、それは私です! 私自身 […]

続きを読む
読みもの・辞典
キラリモンスター ちょっと変わった偉人伝

今の子どもたちにとって、身近で、憧れや興味を持ちやすい偉人伝 この本は、今活躍している人の偉人伝で、それぞれの個性をモンスター化して表現、ポケモン図鑑のような構成になっています。 私は本の帯に惹かれました。「こだわりが強 […]

続きを読む
読みもの・辞典
ミライの授業

未来の住人である子どもたちに届けられた本です 「なんで勉強をしなきゃいけないんだろう」「理科や数学なんて、将来何の役に立つんだろう」 思春期になるとそんな疑問を持ち始めるようになります。 「AIに仕事を奪われる未来なんて […]

続きを読む
読みもの・辞典
つぎ、なにをよむ?

チャートをたどると読みたい本に出会えるよ この本のおすすめポイントは、なんといっても「チャート」のページ。 ためしに、「ぼうけんのとびら」を開いてみましょう。 つぎ、どこへ行く?→㋐キャンプ→㋑ジャングル なににのってい […]

続きを読む