今日からぼくがクッキング

あらすじ・感想・おすすめポイント

『たんけん!本のまち』とは

子育て中の親たちが、新しい本との出会いにつながるような特集や、おすすめしたい子どもの本の感想をご紹介しています。

今日からぼくがクッキング 世界一⁉親切かもしれないレシピ

著・写真:瀧 知子
イラスト:水野 さほこ
その他:和田 万祐、常田 知里

created by Rinker
¥1,760 (2023/01/30 09:47:23時点 Amazon調べ-詳細)

みじん切り一切なし!「ひとりでできた!」がうれしいね。

こども新聞でこの本が紹介されていて、娘が面白そうだから買ってほしいと言ってきたんです。

中身を一切知らずに購入したのですが、届いて見てみたらびっくり!
子どもの「作ってみたい」を絶妙にくすぐる仕掛けがたくさん詰まった本なのでした。

おすすめポイント

●フルカラー!イラストや写真たっぷりで楽しく読める!

●全部のレシピ工程少なめ。火を使わないレシピもたくさん!

●みじん切りは一切なし!

●家にある調味料だけでできる!

●にんにく、しょうがはチューブでOK

●「お料理つくったよ!シール」など、やる気を引き出すしかけ付き

●子どもがモリモリ食べそうなメニューばかり!

著者の瀧知子さんにインタビューさせていただいたときに伺った、「世の中のお母さん頑張りすぎだと思うので、子どもにもどんどん頼って、お互いの時間を有効に使って笑顔で過ごせるといいな」という言葉が印象的でした。


子どもの「作りたい」に寄り添ったレシピ本は、大人にとっても「ラクに作れておいしい!」を叶えてくれますね。

たんけん!本のまち 瀧 知子さんインタビュー

■『今日からぼくがクッキング 世界一⁉親切かもしれないレシピ』購入はこちら Amazon

created by Rinker
¥1,760 (2023/01/30 09:47:23時点 Amazon調べ-詳細)

このガイドを書いた人

てくてく書店 きいす

学習まんがを中心に、楽しく読んで学びにつながる本をご紹介します。
本が好きな子どもたちの母。『たんけん!本のまち』代表。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です