1つぶのおこめ さんすうのむかしばなし

30日目のおこめに「え〜〜っ!」と驚く

この絵本は、算数絵本として大変有名で、「倍数」をテーマにしています

他の算数絵本との大きな違いは、インドに伝わる昔話を題材にしているところです。算数の知識を教えることがメインではないので、昔話のストーリーを読み進めると、自然に、数の大きさや倍数の感覚が身に付くのです。

この本にまつわるエピソード

私は小学校で読み聞かせボランティアをしていますが、「子どもって、昔話が好きだなぁ」と思います。
昔話絵本の絵や語り口は、今どきの絵本に比べると、どうしても古くさかったり、地味だったりします。子どもたち、飽きてしまうかなと思うのですが、シンプルで繰り返しの多いストーリーに意外に子どもたちは夢中になります。

この絵本も、“民衆のことを考えない自分勝手な王様が、最後には改心する”という、よくあるパターンのお話なのですが、途中で「王様、ひどい(怒)!!」とリアクションしてくれるので、読みがいがあります。

最後の見開きのシーンで、おこめを積んだ象の数を見て、「え〜〜っ!」と驚きの反応があると「あぁ、この本を読んで良かったな」と嬉しくなります。

ブックガイドねこの採点(3段階評価)

インド細密画を再現した絵の美しさ ★★★
新聞紙を42回折ると月まで届く話を思い出す度 ★☆☆
いやいや、バイバインの栗まんじゅうでしょ!  ★★★★★★★

■購入はこちら Amazon | 楽天

created by Rinker
¥2,090 (2022/09/29 17:55:04時点 Amazon調べ-詳細)

『たんけん!本のまち』の公式Twitterやnoteをぜひフォローしてください!更新情報をお届けします。