ちはやふる

あらすじ・感想・おすすめポイント

『たんけん!本のまち』とは

子育て中の親たちが、新しい本との出会いにつながるような特集や、おすすめしたい子どもの本の感想をご紹介しています。

ちはやふる

著:末次由紀
出版社:講談社

created by Rinker
¥495 (2023/01/29 20:00:37時点 Amazon調べ-詳細)

競技かるたに挑戦してみたくなる!百人一首への入り口はこの漫画。

小学五年生の冬休みの宿題「百人一首に親しむ。覚えられる人は覚える。」

さて、どうする?

進んで勉強する気のない娘に対して、親ができることはこれ一択。

「ちはやふる」を目につくところに全巻並べておく。

こちらからは何も声をかけず、親が楽しそうに読む。

1日目はスルーされました。
2日目は私が読んでる巻をちらちら覗き見してきて、自分から本棚の「ちはやふる」を手にとるように。

そこまで来たらもう作戦は成功したようなもの。
読み始めるとストーリーに引き込まれてどんどん勝手に読み進めるでしょう。

競技かるたのルールに始まり、歌の意味も漫画の中に出てきます。

一冊400円と手頃な価格ですが、それでも47巻(※)となるとなかなかのお値段。

「百人一首に親しむ冬休み短期教室 90分 × 4日間」だったら、15,000円くらいまでなら出せるかな。それと同じくらいの学びが得られるかな。家族4人で読んだらひとり当たり…と頭の中で計算して大人買いしました。

もちろん、子どもの学習目的だけでなく、百人一首に青春をかける高校生の主人公たちの爽やかなストーリーを大人も楽しめて家族みんなで読める漫画です。

※現在49巻まで発売されていて、2022年12月13日に最終巻となる50巻が発売予定です

【追記】2022/11/30

あわせて読んでみて!

「ちはやふる」で百人一首に興味がわいたら、100首が一冊にまとまった本が欲しくなると思います。歌を覚えるために、このどちらかの本をあわせて読んでみてはいかがでしょうか。

✅100首を漫画でイメージして覚えたい人には

ドラえもんのまんが百人一首

監修:藤子・F・不二雄 
出版社:小学館

百人一首の歌の意味、ことばの意味、作者の紹介、歌にちなんだドラえもんたちの短いマンガが載っていて、ひとつひとつの歌をイメージしやすくなります。

■『ドラえもんのまんが百人一首』購入はこちら Amazon | 楽天

✅百人一首を「決まり字」とセットで覚えたい人には

競技かるたで勝つ!百人一首教室

監修:坪田 翼
漫画:北神 諒

マンガパートでは競技かるたのルールやテクニックを、解説パートでは百人一首の歌の意味にくわえてそれぞれの歌の「決まり字」が載っています。

■『競技かるたで勝つ!百人一首教室』購入はこちら Amazon | 楽天

『ちはやふる』購入はこちら Amazon | 楽天

created by Rinker
¥495 (2023/01/29 20:00:37時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
小学館
¥935 (2023/01/29 20:00:38時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥433 (2023/01/29 20:00:38時点 Amazon調べ-詳細)

このガイドを書いた人

てくてく書店 きいす

学習まんがを中心に、楽しく読んで学びにつながる本をご紹介します。
本が好きな子どもたちの母。『たんけん!本のまち』代表。