ペンギンきょうだい バスのたび

行楽シーズン!『ペンギンきょうだい』と旅に出かけよう!

ポカポカした陽気の日が増えて、行楽日和。
ゴールデンウィークも近づいてきましたね!

子どもとのお出かけはハプニングも思い出もいっぱい、笑。

今日はそんなお出かけ気分にぴったりの絵本をご紹介。
乗り物好きの子には特におすすめですよ。

どんな絵本?

ペンギンのおねえちゃん、ペンちゃん(弟)、ギンちゃん(弟)がはじめて子どもだけでバスに乗って旅をします。

ペンギンのおねえちゃんがドキドキしながら、弟たちの面倒を見る姿がいとおしい。

バスに乗ったら、さっそく「ピンポーン」を押しちゃう弟たち。
その度に慌てて、運転手さんに謝るおねえちゃん。

「いいんですよ。せっかくだから、みんなで あそんでいきましょう」

停留所にバスが停まるたびにみんなで降りて、
景色を楽しんだり、遊んだり、昼食を食べたり。

あぁ、いいなぁ。こんな旅!!

みんな温かくて、のどかでほのぼの。
旅行気分が味わえて、何度読んでも癒されます。

子どもが食いつく描写がいっぱい!

「ペンギンきょうだい」シリーズの作者は工藤ノリコさん。
大人気の「ノラネコぐんだん」シリーズでもお馴染みですよね。

「ノラネコぐんだん」もユーモアたっぷりですが、
「ペンギンきょうだい」シリーズもこれまた、いいんです。
描写が親しみやすく丁寧なので、
いたるところに子どもの ’食いつきポイント’があります。

いつも2歳の息子と読んでいますが、
「あっ!見てー!」「これなにー?」「これ前に、のったよね!」
絵本の描写に刺激されるものが多いようで、しゃべるしゃべる。。

このシリーズは、「バスのたび」の他にも
「れっしゃのたび」「ふねのたび」「そらのたび」が出ていて、一冊読めば、ペンギン3姉弟とあちこち旅したくなるはず。

シリーズで読むと、脇役がこっそり再登場しているのを見つけたり、
前の旅のおみやげを発見したりして、ニヤッとなります。
「あっ、あのときの◯◯だ!」
なんか「隠れミッキー」探しみたいな楽しさ。

行楽シーズンに、ぜひお子さんと読んでみてくださいね。

■購入はこちら Amazon | 楽天

created by Rinker
¥1,430 (2022/05/27 03:19:50時点 Amazon調べ-詳細)

『たんけん!本のまち』の公式Twitterやnoteをぜひフォローしてください!更新情報をお届けします。