いそがしいよる

『たんけん!本のまち』では、子育て中の親たちが、おすすめしたい子どもの本の感想をご紹介しています。

いそがしいよる

さとう わきこ

ツッコミどころ満載のストーリー!ばばばあちゃんと長い夜を楽しんで

一気に暑くなってきましたね!

夏になると読みたくなる絵本がいくつかあります。
今回はそのなかでも3〜6歳ごろの園児におすすめの「ばばばあちゃん」の絵本をご紹介します。

どんな絵本?

星がきれいな夜に、窓から空を見上げるばばばあちゃん。
「なんて おほしさんが きれいなんだろう」

こんな夜は家にいるのがもったいない!
ばばばあちゃんは、ゆりいすを外に持ち出します。
ゆりいすで揺られながら星を眺めると、まるで自分が空を動かしているみたい。

「そうだ、ここで ねちゃえば いいんだよ。」
そう気付いたばばばあちゃんはベッドと毛布と枕を外に運びます。
寝転がってみると星空に浮かんだような気分。

でも次は寝る前のお茶が飲みたくなってしまうばばばあちゃん。
そしてあれもこれもと、しまいには家のものを全部外に持ち出してしまうのです!

ツッコまずにはいられない!ばばばあちゃんの馬鹿力を見て!

この絵本、面白いんですよね。
何がってほのぼのとお茶目なばばばあちゃんが、恐ろしいほどの馬鹿力だから🤣
一人で楽しげに外に引っ張り出してくるのは、ベッドやテーブルにとどまらず、レンジやクローゼットまで。
涼しい顔してばばばあちゃんが冷蔵庫を引きずる姿を見れば、夏の暑さもふっ飛んでしまうでしょう。

そんなストーリーなので、読み聞かせると娘のツッコミが止まらなかったのを思い出します。
「こんなのまで外に出してる!」
「絶対ばばばあちゃんは人間じゃないって!」
「っていうかこれ、電気ないから使えないじゃん!」

親子であれこれ言いながら、なんかとても気持ちが満たされて、読んで笑った後はぐっすり眠った記憶があります。
ちょっと寝苦しい夏の夜にぴったりの一冊。
ぜひ親子で読んでみてくださいね。

■購入はこちら Amazon楽天

『たんけん!本のまち』の公式Twitterやnoteをぜひフォローしてください!
更新情報をお届けします。