ウェズレーの国

『たんけん!本のまち』では、子育て中の親たちが、おすすめしたい子どもの本の感想をご紹介しています。

ウェズレーの国

作:ポール・フライシュマン
絵:ケビン・ホークス
訳:千葉 茂樹

自由で爽快な文明づくりは必見!夏休みに親子で読みたい絵本「ウエズレーの国」

あぁ、もうすぐ夏休みがやってくる!

夏のお出かけは楽しいけれど、親には負担の増える時期でもありますね😅
夏休みの宿題や自由研究に頭を悩ませるご家庭も多いのでは。

今回は小学生の夏休みにオススメの一冊「ウエズレーの国」をご紹介します。

どんな絵本?

ウエズレーは町のほかの子とは違う変わった少年。
ピザもコーラも大嫌いで、サッカーなんてばかばかしい。

だから学校では仲間外れ。
お父さんもお母さんも「あの子は浮いてる」って話してる。

そんなウエズレーは夏休みに突然ひらめくのです。
「学校の勉強がやくだつときがやってきた!
 じぶんだけの作物をそだてて、じぶんだけの文明をつくるんだ!」

ウエズレーはじぶんだけの作物を育ててその果物を食べ、その茎からとった繊維で帽子や服を作ります。
糸を巻くのもはたを織るのも、自分で作った「きかい」にお任せ。

一日を八つに分けた日時計をつくり、自分だけの時間を決めてみたり。
空中ベットを作って夜空を見上げ、新しい星座を作ってみたり。
寄ってきた友達と新しい遊びを考え出したり。

最後には文字まで作ってウエズレー語で自由研究をまとめ上げるのです。
ウエズレーの自由な発想が楽しくて、夢中になって読んでしまいます。

スケールも「気づき」も大きい絵本!

この絵本、すごく気分爽快になるんですよね。
ページをめくるたびに想像を超えてくるので、読んでいてとてもワクワクします✨

偏見の目を気にせずヒョイとかわして、「ワクワク」を追求していくウエズレー少年。
その柔軟な発想と行動力は清々しくて、ニュータイプのヒーローを思わせてくれます。

読後に「もっと自分も自由であっていい」と感じる人も多いはず。
とらわれていた価値観や同調圧力への気づきなど、自分自身を見つめ直すきっかけとなるかも。
自分から行動する勇気も湧いてきますよ🌟

小学生向けの絵本ですが、いつもタスクのことばかり考えがちな大人にもオススメです。
きっとウエズレー少年のように「ワクワクする」夏を過ごしたいと思うはず!
ぜひ親子で読んでみてくださいね。

■購入はこちら Amazon楽天

created by Rinker
¥1,540 (2022/11/28 13:21:21時点 Amazon調べ-詳細)
『たんけん!本のまち』の公式Twitterやnoteをぜひフォローしてください!
更新情報をお届けします。