はじめてのうちゅうえほん

あらすじ・感想・おすすめポイント

『たんけん!本のまち』とは

子育て中の親たちが、新しい本との出会いにつながるような特集や、おすすめしたい子どもの本の感想をご紹介しています。

はじめてのうちゅうえほん

絵:てづか あけみ 
監修:的川 泰宣  
出版社:パイ インターナショナル

created by Rinker
¥1,980 (2023/01/29 22:19:01時点 Amazon調べ-詳細)

親子で「うちゅう」の探検してみませんか?

「うちゅうってなに??」

息子が幼稚園の年長さんだった頃、こんな質問をされました。

「え?う、宇宙はね・・・」全然答えられない私。

かすみ

え?ビッグバンから話すの?いやいや、そもそも私もわかってない

そんな質問をされてから何日か経った頃、生協のチラシに紹介されていたのが「はじめてのうちゅうえほん」でした。

紹介文を読んでみると、年齢的にもピッタリだったのでこれもご縁だなと思い、購入してみたのですが、予想以上に面白かったんです。

男の子が空を見上げるところから本は始まります。

果てしなく広がる空の先への冒険。

まずは月。そうお月様。いつもいつだってやさしいおつきさま。

「月の大きさって知ってた?」
「地球の4分の1だって」
「4分の1ってなに?」

「月では重さが6分の1になるんだって」
「重たいものも軽々持ち上げられちゃうね」
「おすもうさんもぽわんって浮いちゃうかもね」

次は太陽。おひさま。

「たいようは星たちのボスだって」
「ひゃー!太陽って6000℃もあるの?」
「ちょくせつ見ちゃダメなんだよね」

すいせい、きんせい、かせい、もくせい、どせい、てんのうせい、かいおうせい。

「どせいのわっかは岩石や氷のつぶなんだって!!」
「かいおうせいはたいようから一番遠いからすごくさむいんだ」

一つずつ、親しみ深い惑星と触れ合っていく。

うちゅうってなに?

うちゅうってどんなところ?

うちゅうのなかのちきゅうってとくべつ?

ちきゅうってどんなほし??

最後は地球に戻ってきます。

「みずとみどりのうつくしいちきゅう」

うちゅうのこと、ちきゅうのこと、おひさま、おつきさま。

少し知ることで広がる世界。

そんなきっかけを作ってくれる絵本です。

■『はじめてのうちゅうえほん』購入はこちら Amazon | 楽天

created by Rinker
¥1,980 (2023/01/29 22:19:01時点 Amazon調べ-詳細)

このガイドを書いた人

まねびBOOKS かすみ

中学生・小学生の二児の母。子どもが生まれるまでは教育業界に身を置いていたので、いまでも面白い教育本や学習マンガを探すのが趣味です。
まねしたい学習方法やおすすめの参考書を共有するマガジン「まねび茶屋」をnoteでねこさんと共同運営しています。