あらかわ・すみだがわ (日本の川)

絵地図が楽しくて飽きずに見ていられる

『あらかわ・すみだがわ』は、鳥瞰絵地図師・村松昭さんの「日本の川」シリーズの1冊です。
かこさとしさんの名作『かわ』の現代版という感じで、川の上流から下流までの自然の変化と人間の暮らしが丁寧に描きこまれています。

『かわ』と大きく違う点は、実際の地名・観光地・電車の路線と駅名・各地に生息する鳥と植物が細かく描かれていることです。

小4次男

葛西臨海公園もお台場も載ってる!

ねこ

前に行った秩父のキャンプ場と、そのときに見た秩父鉄道の機関車(SL)も!

小4次男

授業で習った荒川放水路(洪水対策)と岩淵水門(荒川と隅田川の分岐点)、中川船番所(川の関所)も出てるよ

ねこ

学校で勉強したことや、自分が行ったことのある場所・乗った電車が出てると嬉しいよね

こんな人におすすめ

地図好き・電車好き・鳥や植物好きの人

・小学3・4年生で、学校で川の勉強をしているお子さん

※この「日本の川」シリーズには、『多摩川』『淀川』『千曲川・信濃川』『石狩川』『筑後川』『吉野川』もあります。
ご自分の地域の川の本がある方は、ぜひご覧ください。

ブックガイドねこの採点(3段階評価)

長年東京に住みながら、荒川と隅田川の関係を初めて理解した感動 ★★★
元神奈川県民として、子供の頃メダカをとって遊んだ『たまがわ』も気になる度 ★★★
『かわ』と2冊セットで読んでほしい度 ★★★★★

■購入はこちら Amazon | 楽天

created by Rinker
¥1,650 (2022/05/28 00:59:39時点 Amazon調べ-詳細)

『たんけん!本のまち』の公式Twitterやnoteをぜひフォローしてください!更新情報をお届けします。